転生したらスライムだった件

転スラクロエ敵味方or勇者?ユウキと戦い死亡したのか解説します!

転スラ クロエ 勇者 敵 死亡 味方 ユウキ

転スラ物語の後半にユウキと戦い死亡?

度々登場するクロエですが、謎めいた感じが多く

  • 味方
  • 勇者

と呼ぶのが正しいのか?

よく分かっておりません。

アニメの1期と2期前半で登場しますが、恥ずかしがり屋のクロエという印象しかありませんよね。

教師となったリムル先生がテストをする時に、クロエが魔法で水流の檻 (ウォータージェイル)を放ちますが、『かわいい顔なのになんて恐ろしい娘』と言っていました。

はたしてそうなのでしょうか。

『転スラクロエ敵味方or勇者?ユウキと戦い死亡したのか解説します!』

そこでクロエに焦点をあて、詳しく紹介していきたいと思います。

※(ネタバレあり)

 

転スラクロエは敵か味方か勇者?


クロエの正体は、世界征服を企む黒幕、イングラシア王国自由組合総帥(グランドマスター)ユウキ・カグラザカを倒すためと大好きなリムルを守るため、何度も時間旅行している『勇者クロノア』です。

クロエもリムルと同じ異世界人であり、約300年前、偶然生じた次元空間の歪みに巻き込まれ異世界の世界へとやって来ました。

巻き込まれてしまった人物がもう一人、それは魔王レオン・クロムウェル。

レオンとクロエは幼馴染であり、共に生活していましたが、未来のユウキに召喚されてしまい姿を消します。

レオンが探している人がいるという情報を知ったユウキは、レオンに協力依頼を頼み→承諾、その協力依頼が実はクロエなのでした。

レオンが召喚を何度も失敗しているのに対し、ユウキはクロエの召喚を引き当てしまい、レオンには黙ったままです。

そしてユウキに保護され、他の子ども達と一緒にシズの教え子に。

そしてイングラシア王国で教師をするリムルと出会い、精霊の棲家(すみか)で未来の勇者クロノアの意識体と一つになりました。

 

勇者クロノアとは?


勇者クロノア=クロエです。

ヴェルドラが魔王ルミナスの都市を灰にしてしまい、ヴェルドラを300年間『無限牢獄』で封印したのが、勇者クロノアでした。

レオンの城に居たシズさんを救ったのも、クロノアで抗魔の仮面を渡しましたね。

クロエの持つスキル『時間旅行』は、ヒナタが死亡すると自動発動しタイムリープして2,000年前に飛ばされます。

しかしユウキに敗北し、分霊体としてタイムリープ。

時間旅行中ヒナタの魂と一緒であり、一つの体に二つの魂が宿った状態。

今回はリムルが死亡する前に飛ばされたので、なるべく同じ道筋をたどり、魔王ルミナスと友人になります。

この時に正体バレを防ぐ目的で、ヒナタからクロノアと名付けされ、勇者として活動していくようになりました。

勇者の卵を育てる『勇者育成プログラム』で、タイムリープを繰り返していましたが、リムルがヒナタの精神支配を解いていたことにより、大きく変化。

失敗ルートと成功ルートがある。

アニメ2期で英雄ヨウムが旅立つ時に、周囲の仲間が英雄ではなく勇者ヨウムと言っていたら、魔王ミリムが『この世界で勇者は因果がめぐるから、長生きしたければせいぜい英雄に止めておくのだぁ』と言って英雄ヨウムを見送ります。

因果がめぐるとは、クロエのことだったんですね。

 

クロノアの持つスキルとは?


クロエの究極能力『希望之王(サリエル)』」は、『智慧之王(ラファエル)』が『無限牢獄』の干渉権限をクロノアから受け取り、

  • 『絶対切断』
  • 『無限牢獄』
  • 『簒奪者(コエルモノ)』

を組み合わせ、生まれ変わらせたスキル。

その際にクロノアは、『神智核(クロノア)』となり智慧之王(ラファエル)と同等の存在になりました。

ヒナタが持っていたスキルは、

  • ユニークスキル『数学者(ハカルモノ)』論理的に物事を判断
  • ユニークスキル『簒奪者(コエルモノ)』記憶・技術などを奪える。

アニメ転スラでは、リムルの上位精霊(イフリート)を奪おうとしましたね。

ユニークスキル『数学者(ハカルモノ)』が進化し『神智核(クロノア)』となったと考えられます。

勇者としてのスキルが、『絶対切断』『無限牢獄』

ヒナタの持っていたスキルが、クロエに引き継がれていますね。

 

転スラユウキと戦い死亡?


クロエは黒幕であるユウキを倒すために、ユウキの手が出ない過去へ飛び、力をつけようとします。

  • リムル
  • クロエ
  • 魔王ギィ

もユウキに敗れ死亡します。

過去へ飛び分霊体を飛ばし勇者の卵を育てるのは、『勇者育成プログラム』と呼ばれており真なる勇者に覚醒するためでした。

勇者の段階は、

  • 勇者の卵・・・ケンヤなど
  • 真なる勇者(不完全)・・・魔王レオン・クロムウェル
  • 真なる勇者(完全)・・・クロエ

と分かれ、真なる勇者(完全)になり魔素量などの増大や力を大きく上昇させるのが目的です。

クロエは、一つの体に魂が二つ存在していますが、同じ時間軸に一人の人間の魂しか存在出来ないためクロエの魂は眠りにつき、ヒナタに体を任せ、自らは眠りにつきます。

そしてクロノアが体内で暴れるのを、ヒナタが抑え、シズを助けました。

このとき抗魔の仮面を渡していますが、タイムパラドクスでどこで作られたのかは不明のまま。

ディアブロが、『時間圧に守られ未来からやってきたとしか、思えないと言った』セリフがありましたね。

その後ヒナタもクロノアを抑えるのに限界を感じ、シズさんを置いて友人である魔王ルミナスを頼りました。

魔王ルミナスが聖霊力で聖櫃(せいひつ)を作り、クロエとヒナタの魂を保護して眠らせますが中東道化連(ラプラス)の報告により、西方聖教会本部に吸血鬼族(ヴァンパイア)がいたことを突き止めます。

神聖な場所に魔王ヴァレンタインの技で殺されたラプラスは、カザリームから『血刀閃赤波(ブラッドレイ)』だという技を聞きなぜ、神聖な場所に吸血鬼族(ヴァンパイア)がいたのか?

不思議がりました。

そして、何かがあると予想したユウキは魔王ルミナスが支配する、西方聖教会本部地下に眠る聖櫃をユウキが『能力封殺』で破壊したため、クロノアが暴走して戦闘に。

ヒナタが死に、その魂がルミナスの究極能力『色欲之王(アスモデウス)』により、クロエの体から完全分離に成功し、クロエは純粋な存在『真なる勇者』へと覚醒します。

リムルはルミナスから、クロエ=クロノアだと知りました。

リムルは、無限牢獄に吸収されていたヒナタの魂を『智慧之王(ラファエル)』が救い出し、魔王ルミナスによって、蘇生されましたね。

魔王ルミナスの究極能力『色欲之王(アスモデウス)』とは、生と死を司る究極能力。

その能力は死者の肉体と魂が揃っていれば、それを統合し完全に蘇生する事ができる。

 

まとめ


転スラクロエの正体は、勇者クロノアでありこの世界を黒幕ユウキの手から救うため、またリムルを救うためにタイムリープ。

リムルがヒナタの精神支配を解いていたことにより、大きく変化し『勇者育成プログラム』は成功ルートへ変化し、クロエは『真なる勇者』へと覚醒。

勇者スキル『絶対切断』『無限牢獄』の他に『神智核(クロノア)』を手にいれた『智慧之王(ラファエル)』と同等のスキル。

『転スラクロエ敵味方or勇者?ユウキと戦い死亡したのか解説します!』と紹介してきましたが、クロエは味方であり『真なる勇者』でした。

ユウキと戦い死亡しタイムリープしますが、最後は魔王ルミナスの究極能力『色欲之王(アスモデウス)』で復活しました。